レポート

2018.09.24
ツムグバで靴箱づくり!

 

こんにちわ!ツムグバインターン生の加納です(^^)/

よろしくお願いします。

 

9月24日、ツムグバでは中学生2名と、大人4人を交えての下駄箱づくりワークショップを開催しました!

 

前から玄関の靴がごちゃっとなってしまうのを、どうにかしたいなぁと考えていた管理人…。プロボノワークとして参加している設計士の井野さんに図面を作成してもらったり、近所のDIYの達人に協力していただいたりしながら、色んな方の協力があってようやく行えました!

 

井野さんに描いていただいた図面をもとにまずはビスを打つところに印をつけます。

 

 

定規やメジャーなどを使って寸法を測り、鉛筆で印を書きます。実は前日に印づけを少しやっていたので、この作業はすぐに終わりました(笑)

 

 

次に印をつけたところに穴をあけ、ビスを打っていきます。電動ドリルに慣れない中学生の男の子は「真っすぐ入れるの難しい…」という感じに苦戦。まず穴をあけるところもすごく苦戦していました(笑)

 

これも経験あるのみ…!

大人たちが木を支えて、中学生の子にビスを入れていってもらいました。

 

 

2手に分かれていたのですが、手前の方はDIYのプロと太田さんと工具に慣れてそうな中学生の子。奥が設計士さんと私と中学生で連携して作業しておりました。

 

 

 

最初と比べて慣れてきたらしく、男の子の作業スピードが速くなっていました。さすが中学生…呑み込みが早い…!

 

天板も後ろ板もすべて付け終わり、仕上げに紙やすり。「赤ちゃんにもやさしい」感じを目指して、角の部分や表面をやすっていきます。

 

 

 

ついに完成!

結構いい感じに仕上がりましたね(^^♪

 

 

靴もたくさん入ると思うので、これでもう靴がぐちゃぐちゃになることはありませんね!

 

一緒に下駄箱をつくっていただいた中学生、大人のみなさん、本当にお疲れ様でした!また次回も何か作るイベントを行うかもしれません…!その時はまた気軽に参加していただければ嬉しいです♪