レポート

2018.11.17
子ども食堂に行ってきました!

今回は11/17ツムグバで開催されている子ども食堂に行ってきました!今回は、子ども食堂の方が朝から準備されている様子も含めてレポートします。一般社団法人ポノポノプレイスさん(http://ponpon-hdmr.com/ponpon.htm)が主催で毎週土曜日にツムグバにて開催しています。

ところで皆さん、「子ども食堂」って知っていますか?

子ども食堂とは、地域の大人が子どもに無料または低額で食事を提供する取り組み。2012年に東京都大田区で始まったとされ、その後、社会福祉法人NPO法人などの組織が全国各地で運営に取り組むようになった。地域の交流の場としての役割を担っていることが多い。民間団体「こども食堂 安心・安全向上委員会」は18年4月時点で、全国で2,200カ所を超えた子ども食堂がある。

まずは10時に現場に訪ねると、もうすでに準備で来られていて活気がありました。とは言っても、いつもは4人ぐらいで準備するらしいのですが、今日はなんと2人。2人で30〜40人前ほど、準備していました。

そんな中、助っ人が!子どもたちがやってきてたまごの殻向きを手伝ってくれていました!

▲「ゆで卵ってなんでこんなに剥けにくいん?」と一生懸命殻をむく子どもたち

調理されているお二人の会話や、子どもたちとの会話が、なんとも微笑ましくてほっこりしました。そして、見事な連携プレーと温かい会話の中、次々にお料理が出来上がってきます。今日のメインはおでんです!!

▲この充実した内容で大人300円こども100円


そして、看板にメニューを書きます。このメニューを書くのは、子どもたちの役割。

▲今日のメニューは?と元気な声で調理されている方に聞いて、真剣に書く子どもたち

今日のメニューは
・おでん
・野菜サラダ
・大根の葉の胡麻和え
・ごはん
・フルーツ

充実のメニューです。この日はフルーツだけでみかん、キウイ、洋梨、グレープフルーツ、マスカット、いちごでした。

そしていよいよ、のれんと看板を出してオープンです!

次々にお客様が来ます。この日は土曜日ですが学校があるそうで子ども食堂のお客さんも少ないかも?と言っていましたが、沢山来ていました。


子どもたちも満足!

安くて美味しくて家庭的な暖かさもある、子ども食堂。ぜひまた利用したいです!

今回、撮影させていただきました子ども食堂運営の皆様、いらっしゃっていた皆様、ご協力いただきましてありがとうございました。美味しくてあったかくて、ほっこりする場と食事。子供も安心して来ることができますし大人の私もほっこりしました。